So-net無料ブログ作成

「北朝鮮の人間改造術、あるいは他人の人生を支配する手法」なかなかいい本だと思いました。 [政治]

 

時間ができて本屋をじっくり見ること、読書することができました~うれぴ~!(^^)!

どうも私の生きる力の大きい部分は好奇心と知識欲(学術的ではなく、ありとあらゆること)を満足させることからくるらしい。(もちろん、プリンやシュークリームといった好物や、冗談、ボケ、突っ込みをいれて笑うことも大きなウエイトを占めているが。)

さて半島情勢が緊迫ということで、半島関係の本に目がいき3冊ばかり購入。本日はまずその一弾

 

北朝鮮の人間改造術、あるいは他人の人生を支配する手法 (講談社プラスアルファ新書)

北朝鮮の人間改造術、あるいは他人の人生を支配する手法 (講談社プラスアルファ新書)

  • 作者: 宮田 敦司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/21
  • メディア: 新書

 

とても読みやすかった。著者はいわゆる頭でっかちの人じゃない。狭量な視野の持ち主でもない。具体的かつ即応的、著者もこの本で書いている通り、北朝鮮で行われていることは決して他人事じゃない。ただ使い方や信奉させるものが違うだけで私たちの生活に深く浸透している。それがよくわかる。そしてもちろん、北朝鮮のことも。

宮田氏は自衛隊に勤務、13年間は情報員として北朝鮮情報の収集、分析に従事してきた。日本には北朝鮮情報が溢れている(なんでかな~そこらへんも気になるけど、それについては特に書かれていない。)

宮田氏は個人的に北朝鮮内部資料を数百部読むことができたそうだ。氏は大学院の博士課程に在籍する学生でもあったので論文執筆のために一人の研究者として資料の持ち主と接触していた。しかし、自衛隊はいとも簡単に秘密文書を入手してくる氏を疑い、北朝鮮のスパイと接触していると思ったらしい。

『それが問題視されるほど、一部を除いて、自衛隊の情報収集および分析の能力は低いのである。』と氏は書いている。

(おいおい~日本の自衛隊の現状はこんなもんらしい、お調子こいていたら、先の大戦の二の舞になるのは見えている。勇ましいことを言う人たちは現状認識がまるでなっていないか、宣伝工作員であろう。)

話をもどそう。本の題名に『人間改造』とあるが、北朝鮮が人々に行っている心身の操作の手法が「洗脳」や「マインドコントロール」という概念にはそぐわないからだ。なぜなら、「洗脳」よりもさらに厳しい、拷問や教育・学習が一生を通じて行われるから。

詳しくは本書を読んでほしいが、脱北者が経験を書いたのではないので、客観的で俯瞰的である。北朝鮮のことを冷静に観察できるのでお勧めである。

一つだけ書いておくと、徹底した情報統制というのは日本の戦時中との類似点である。食糧配給制も同じだろう。

本の終わりの方には最近の北朝鮮事情について書かれている。

 北朝鮮の情報統制と食糧配給制がほぼ崩壊しつつある。食糧配給の停止は1990年中ごろから始まり数百万人の餓死者を発生させ、人心の荒廃、家族離散、孤児の増加、犯罪も増加した。また、党や政府機関ではそれ以前から賄賂が横行していたが、食糧配給の停止がこれに拍車をかけた。人心の荒廃と賄賂の横行は軍も例外ではなく、幹部は私腹を肥やし、国境警備兵は賄賂を受け取り中国との密輸や住民の脱北を黙認するようになった。

 こうして中国からラジオやTV、CD,DVDが流入するようになり、人々は半ば公然と外国(特に米国、韓国)の文化に触れるようになった。また、韓国から電波が届く平壌より南側の地域では、TVを買えば韓国の放送を自由に見られる状態になっている。02年以降既に外国製のテレビを自由に販売することが認められるようになっている。また、日本や中国経由で韓国製品や韓国の情報が拡散、平壌で流通している韓ドラと映画のビデオテープは1000種類以上に達しているという。

 

 さて、日本で私たちが普通に考えるよりも北朝鮮の人々はいろいろな情報に接しているようだ。また、既に金日成と金正日の「神話」も信じなくなっているようだ。なぜなら、金日成や金正日を崇拝しても一向に生活はよくならないから。

 

このような北朝鮮に戦争を仕掛けるなんてバカバカしいとは思わないのかね。

北朝鮮の体制も、アメリカ内CIA等、好戦的な人々の出先機関としての韓国政府内の一部権力機関も、限界にきているんじゃないでしょうかね~この危機を回避するには戦争しかないってことかも。

いい加減、人の家を土足で踏みつけたあげく、ぶっ壊すみたいなこと止めてほしいんだけどな~そういう人を平気で家にあげちゃう人も問題だけどね。

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国は良いご近所さん? [政治]

 

この頃の政治の空虚さとTVマスコミのバカバカしさにはうんざりしているが、そんな中でもうれしいことがある。ネットの中にユーモアがあったり、ゆるかったり、普段着の口調で、政治たその他時事問題について書かれた記事を多く見つけられるようになったことだ。

本日もそんなのを一つ

「中国はよいご近所さんになってくれるか」が注目されたAPEC

http://news.goo.ne.jp/article/newsengw/world/newsengw-20101116-01.html?pageIndex=1

 

現実はこのように緩くも和やかでもなく、APEC などはただの庶民に向けてのパフォーマンスにすぎず、その裏では本当の陰の権力者たちがどす黒い策謀をめぐらせていると私は思っている。しかし、こういうふうに、「さも政治家達は何か素晴らしく庶民には到底まねのできない良い仕事をしています」というのを、普段着の言葉にしてくれるのはいいんじゃないかな。

つまりさ、もっとぶっちゃけていうと政治家なんて、世界という町内会を平和にまとめることもできない人が絶対的に多いってことさ!もっというと町内会で喧嘩してくれた方が武器や麻薬(一般薬・ワクチン・臓器・人身売買までも)の商売できて儲かるっていう奴らのひも付きの政治家が多いってこと。ひも付きを断ったり、そのひものルートを発見して通報しようとした人は気付かれないうちに町内から追放されちゃう。

お~い、みんな町内で(世界では)こういうことが起こっているんだぜ!町内の規模がすごく大きいし、やたら町中にビラやら拡声機やらミスリードの回覧板やらあるから、なかなか気づけないっていうのもわからないでもないけどさ、知ろうと思えばきっとそれなりの情報はいろいろなところにあると思うんだな~。

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

管さん、そろそろカンネンしましょう。 [政治]

小泉政権時代、民主党の石井紘基は菅直人に相談した翌朝に刺殺された!豊島区池袋

http://ameblo.jp/kenpo9jo/archive1-201011.html

 

石井紘基議員はK氏に相談した翌朝に刺殺され、その際に抱えていた資料は行方不明のまま
命懸けですからね RT @uesugitakashi 大野公二記者に敬意。RT @satama RT @uesugitakashi: RT @mitsuya_niwa:『報道発ドキュメンタリ宣言SP』なう。伊藤白水受刑者:「(石井紘基議員)殺害を頼まれた」 #tvasahi
https://twitter.com/#!/yukaikz/status/29166388716

石井紘基氏殺害は依頼殺人。対価は4500万円。依頼人は現時点では不明。今日はここまで。
https://twitter.com/#!/cronoq/status/29166396110

石井紘基議員は当時「政界を震撼させるすごいネタが入った」ことは記者たちも知っていた。江田五月氏は「時の権力の中枢に大変な打撃を受けるということ」と表現。時の政権、小泉純一郎総理時代は、変な事件や死体が出る事件が多かった。ちなみに石井議員の運転手は事件の一週間前に着任という。
https://twitter.com/#!/arths2009/status/29166903090

【石井紘基氏事件】運転手が、事件後倒れている石井議員の後ろにしゃがんで、自分の携帯電話でどこかへ電話していた。本人は自動車電話から車両部にかけたと言っている。(石井議員の遺族は事件後一度も運転手に面会したことはない)参照:http://bit.ly/d7O2zy 日々坦々
https://twitter.com/#!/arths2009/status/29166951996

石井紘基議員はK氏に相談した翌朝に刺殺され、その際に抱えていた資料は行方不明のまま…。元大阪高検公安部長の三井環氏は検察裏金疑惑を同じK氏に相談した翌日に逮捕された。そして、その「K氏」は今、この国の首相なのだ…。http://bit.ly/dBej6V
https://twitter.com/#!/ozyszm/status/29166789572

頂点に立つためには手段を選ばず・・・ということなのでしょうか・・

権力を持つということは、その気持ちを抱いた時から堕落が始まる。

「公明正大な政治家」は、わさび味のからし、カレー味のホワイトシチュー、みたいなもの。

つまりあり得ない((^┰^))ゞ テヘヘ

 


タグ:管直人
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ー人気ある蓮舫氏ー 鳩山兄弟のきずなも宇宙的? [政治]

 

「蓮舫氏なら勝てる」 都知事選で鳩山兄弟

2010年10月20日(水)22:45

 民主党の鳩山由紀夫前首相は20日夜、実弟で無所属の鳩山邦夫衆院議員と都内で会談し、来春の東京都知事選の候補者選びをめぐり「いま人気のある蓮舫行政刷新担当相が出馬すれば勝てるのではないか」との認識で一致した。邦夫氏の民主党復党にも話題となり、由紀夫氏が、かつて岡田克也民主党幹事長に邦夫氏復党について相談した際、岡田氏が「一度、党を出た人だからなあ」と慎重な姿勢を示した経緯を紹介した。

 http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/politics/CO2010102001001069.html

蓮舫氏の人気ね~それを正確に言うなら、「作られた人気」でしょう。もちろん、made by dentu

同じ女性としてみても本当に人気があるとは思えませんね~もちろん、奥ゆかしい大和撫子はそのようなことを声高に主張したりしませんが。

まあ、愚痴半分の私事なのですが、マンションの総会の時に昨年度の理事長(妙齢の女性)が、「蓮舫さんのように仕分けして見たんですけど」なんて半分うけ狙って言ったのですが、シラ~となってましたね~。その方も注文は多くて、いざ自分でやるとなるとあ~だこ~だといろいろなこと言ってなかなかやらないという傾向をお持ちの方だったので、単に蓮舫さんのせいじゃないんですけど。(おかげで私は過去、理事長の任期を2カ月の延長されちゃいました( 一一)ここは愚痴)

それにしても鳩山兄弟も面白い特徴をお持ちのようで。

 鳩山邦夫元総務相は20日、菅内閣や民主党の現状について、「今や左翼政党じゃないか。今の政治は閉塞(へいそく)感が強すぎる」と批判した。兄の由紀夫前首相らとの都内での会合後、記者団に語った。

 邦夫氏は、「(自分は民主党の)創業者の1人だ。兄が首相の時はよかったし、小沢(一郎)さんが代表の時はよかったが、今やもう、左翼政党じゃないか。皆さんが問題を感じている」と述べた。さらに、「民主党は左(革新)と右(保守)が極端に分かれているから、本来、たもとを分かってしかるべきだ」とも語った。

 邦夫氏自身の民主党入りについては、「ありえない」と否定した。ただ、由紀夫氏とは、「なるべく、頻繁に会おうと話した」と述べ、定期的に兄弟で意見交換をする考えを示した

 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101020/stt1010202247013-n1.htm

 

 人の生き方はそれぞれでそこに文句を挟むことはないが、しかしお二人とも国会議員である。国民の税金を食む立場にある。そういう目から見るとと私的な立場を便利に使っているとしか見えないが、そういうのを過去ずっと許してきたのは一般民である。

 


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「宗教と政治を考える会」会長 仙石由人くん。 [政治]

 

管さんはどちらかというとわかりやすい人だが、仙石君はひと癖もふた癖もありそうな人だな~って思っていたら、こんなことを発見してしまったというわけだ。

『週刊ダイヤモンド』新宗教特集

http://blog.goo.ne.jp/GB3616125/e/9b13e01c39c60294c01b71ffdc0d1275

 上の記事を あっそうだこれ私も買ったんだ と思って探したらあった。そう、まだ未解決案件としてしまってあった。

 

週刊 ダイヤモンド 2009年 9/12号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンド 2009年 9/12号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/09/07
  • メディア: 雑誌

 これ他の特集とも一緒に買っておいておいたものだ。

冒頭に紹介した記事でもわかるように総選挙での民主党の大躍進は創価学会を除く新宗教が民主党を推したからである。

RKK(立正佼成会)と世界救世教いづのめ教団を軸にして主要選挙区で宗教法人が政権交代に影響した。基本的には民主党を指示しているRKKだが、例外もある。北海道選挙の町村氏、中川昭一氏等自民党有力議員を強力に推した。。町村氏、中川氏は崇経真光も推したが、いづのめ教団は推さず、荒井聰氏と鳩山由紀夫氏ら民主党候補を推した。

ちなみに鳩山氏はRKK、PL教団、松緑神道大和山、崇教真光等が支援。逆にRKK、崇教真光とも竹部氏は推さず、民主党の松木謙公氏を強力に支援した。

と北海道の場合はこんな感じであったらしい。

 

内閣官房長官 仙石由人くんの顔が何やら、バチカンの方や、そのほかどこぞの悪徳教祖や、マルチ商法の親玉みたいに見えてしまうのはこのせいかしら・・・

落ち着いたらこの未解決案件にじっくり取り組むつもり。

 

1999/09/08
宗教と政治を考える会、議員有志で発足
http://www.dpj.or.jp/news/?num=8552

2000/01/24
宗教と政治を考える会が新春交流会
http://www.dpj.or.jp/news/?num=978

「宗教と政治を考える会」(会長・熊谷弘幹事長代理)が24日夕、都内のホテルで新春交流会を開いた。会には、立正佼成会、霊友会、世界救世教、天理教、曹洞宗、新生仏教会、崇教真光、伊勢国一宮椿大神社などの宗教団体をはじめ、新宗教新聞や仏教タイムスなど宗教報道関係者らが参加。民主党からは鳩山代表、菅政調会長ら幹部と次期衆院選の公認候補者などが出席した。同会はスタート以降、10回の勉強会を積み重ねてきた。

 鳩山代表は「私はかつて、政治家に一番大切なものは宗教心である、と書いたことがあり、宗教心を友愛、自立と連帯という言葉で表現している」と述べ、来る総選挙での民主党への支援を訴えた。

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
The VOICE KOKIA VOICE.jpg
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。