So-net無料ブログ作成
検索選択
飢餓と貧困 ブログトップ

無届け有料老人ホームの実態は貧困ビジネス [飢餓と貧困]

東京近郊の県にある「無届け有料老人ホーム」の実態は介護が必要となった低所得の高齢者ターゲットにした貧困ビジネスだった。6畳部屋に車いすを使用するお年寄りが3人、入浴介護は一度もない、食費を4万納めているのに内容は2万円程度、こういう所に入所していた80代のある人は、「現代の姥捨て山」と表現した。入所者は東京に住所を置いたままなので、生活保護や介護保険は区から需給、しかし、場所が離れているので、環境、処遇などを確かめに区の職員が訪れることは一度もなかったという。老人ホームを運営する方にとっては取りはぐれのないビジネスで、経費を節減=お年寄りに対する処遇、サービスをできるだけ削る、すれば儲かる。このような施設を区は黙認し、窓口で紹介してきた。

行政の目が届くようにお年寄りに行く先に住民票を移してもらうという方針を都が打ち出したが、受け入れてきた地方は猛反発、80人のお年寄りを受け入れてきた茨城かすみがうら市は介護保険給付だけで2億円負担が増える。その額は市全体の介護保険給付22,3億円の1割。ここに長く住んできた市民には納得できない。

 NHK クローズアップ現代 2月3日(火) 介護つき住宅の落とし穴

他参考 行政の紹介 行ったら姥捨て山 

 http://www.j-cast.com/tv/2009/02/04035394.html

 

 何だか、東京都のやっていることは、ピザのチーズとか具とかたくさん載っているところをしっかり食べておいて、何もないところを人に押し付けているみたいかな・・・いやそれよりもっと悪いな。

土地代、人件費が高い東京では低所得のための施設建設が進まないっていうけれど、それははっきり言って採算取れないからやらないっていうこと。何のための行政何だか・・・いやもう、日本株式会社は強い者が(お金持ち)が生き残っていい思いするために弱者を切り捨てていますってはっきり言ったほうがいいかも。

あんな豪華な都庁庁舎、高尾さんには穴(トンネル)あけようとしているし、オリンピック招致の予算なんて、都民の生活救済にあてた方がいいに決まっている。

ゲストの大学教授、最初はまあまあのことを言っていたが、最後はNPO法人でもやったらいいですって。ふん、税金を国民の生活のために使わないのなら税金払いたくね。

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

飢餓と貧困 [飢餓と貧困]



2007年、世界で最も裕福な2人の資産は、世界で最も貧しい45の国々のGDPの合計を上回った。

30億人が1日2米ドル以下で暮らしている。

EUの総人口の2倍 10億人がスラムで暮らしている。

見てわかる地球環境 (日経BPムック)

(日経BPムック価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2007-12-17

 



これらの数字は耐えがたい現実を見せつける。



資本主義はエデンの園に辿りつくための道ではなかった。



資本は今、暴徒と化して世界中で暴れまくっている。



その資本を妄信している人々もいる。



追従している人もいる。



見て見ぬふりしている人、無関心な人もいる。



痛めつけられてやっと生きている人もいる。



この現状を何とかしなければと思っている人もいる。



未来を背負うべき子ども達もいる。



どのような立場にいようと地球上でこの現実と無関係な人はいない。




nice!(0)  トラックバック(1) 
飢餓と貧困 ブログトップ
The VOICE KOKIA VOICE.jpg
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。