So-net無料ブログ作成
シンプルであることをめざす ブログトップ

脱 お金に使われる生活 [シンプルであることをめざす]

ずっとシンプルに生きることに憧れてきた。しかし、私の育ったのは高度経済成長期、
思いとは裏腹に家は物であふれていった。
(うちの親は結構ケチ=健全で子どもに甘かったわけではない)
その反動でシンプルでありたいと思ったのかもしれない。

生活に必要最低限のものを持って移動しながら暮らす遊牧民のように生きたいと思った。
一所にじっとしているのは性に合わない。
お風呂は大好きだ。砂漠はムリか・・・
でもできる限り物は少なくしたい。そのためにはどうするか?・
生活をシンプルにしよ~
うっ キャンプは好きだし、スキーも大好き、海も好き、
車は必要か・・・・道具類もいろいろと・・・・
そうだ毎日の生活は極力シンプルにしよー
もうすぐ赤ちゃんが生まれる、ベビーベッドっている?
大きいものはちょっと・・・でも衣類や哺乳瓶はいるでしょ。
ベビーカーもないと散歩や出かける時大変
チャイルドシートもいるしね。
それに赤ちゃんはすぐ大きくなる。それなりに衣類や玩具もいるよね。
自分のものはなくても子供のものはそれなりにほしくなるよ~
学校に入る時にも揃えるものもいろいろあったよね。
子どもも親も入学式には何着ていく~?
学習机はやっぱり必要かな~低学年のうちはあまり必要ないかもしれないけど。
ずっとないっていうわけには・・・・
子どももTVでコマーシャルを見ればほしがるものもあったし。
何でも買い与えたわけでもないが、祖父母からくるお年玉もあるし。
自分の子どもにはもっとけちくさかったのに孫には甘い。
とまあ今の日本の当たり前の生活にはモノがたくさん必要。
子どもがいなくても趣味や余暇に費やす時間を考えればかなりのものがあるだろう。
でもそれが、日本の高度経済成長を支えてきたわけで
給料が増えればそれだけの物を買ってきたということだろう。
子どもが小さい時はリサイクルマーケットやフリーマーケット、レンタル
を駆使しながら何とか乗り越えてきたが、それでもシンプルには程遠い生活だった。
試行錯誤、自己嫌悪、幸福感、満足感、挫折感、様々な思い
を抱きながら、働く一人として、主婦として、母として、一人の人間として生活してきた。
そして今思うのはやはりシンプルに生きたいと思うこと 
悪く言えばかなり違う表現ではあきらめない。
そのためには不景気なのもいいかもしれない。
格差社会っていうのは気になるけれど。
いったん手にした便利な物やバラエティーに富んだ食、
金銭的に安全保障の付いた生活を手放すのはすごく難しいし、不安もあるけれど、
手放せば代わりに得るものもある。私の場合は自由な時間と自分らしい自分。
今ならはっきり言える。
自分らしく生きられないなら、生きていても死んでいるのも同然。
飢えるほどの貧困ではないけれど、決して余裕のある生活でもない。
でも余裕のない生活でも工夫すればそれなりに何とかなる。
工夫するのは結構楽しい。子ども達も巻き込んで一緒に楽しむ。
人がどう思うか、人にどう思われるかは関係ない。

   脱 お金に使われる生活[ぴかぴか(新しい)]

関連記事

金融のしくみの本当のからくりを覗い..

シンプルに生きることへの希求  碧い世界


 



 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
シンプルであることをめざす ブログトップ
The VOICE KOKIA VOICE.jpg
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。