So-net無料ブログ作成
検索選択

エジプト略奪団、秘密警察の身分証もってる・( ̄□ ̄;)!! [ニュース]

 

おいおい~なんてこったい

エジプト略奪団、秘密警察の身分証所持者も

 【カイロ=田尾茂樹】反体制デモの混乱で略奪が横行するエジプトで、市民の自警団結成が相次いでいる。


 大規模デモのあった翌日の29日以降、街頭に立っていた警官が姿を消したためだ。「守ってくれる人はだれもいない。自分たちで何とかしなければ」。市郊外の住宅街で自警団に加わるマフムード・ラミさん(29)は声を荒らげた。近隣の住民約100人がナイフや鉄棒を手に交代で交差点に立ち、侵入を防いでいる。

 28日のデモでは、警察署や車両が焼き打ちにあった。

 警官が消えたのと並行して、治安は悪化。銃で武装した集団が衣料品店、ショッピングセンターや銀行に押し入り、商品や金銭を奪う事件が相次ぐ。29日には市内各地で武装集団と自警団の銃撃戦が起きた。

 住民の目撃証言によると、武装集団はバスで現れ、無線で連絡を取り合って組織的に動いている。自警団が捕らえた中には、秘密警察の身分証を所持している者もいた。「強い政権が必要」という意識を広げるため、政府が略奪をけしかけ、治安を悪化させているとの見方も広がる。

2011年1月31日10時08分  読売新聞)
警官が姿を消したというが、警官がそっくりそのまま強盗団に変わっちゃったていうことかい?
警察署や車両が焼き打ちにあった仕返しですか?
世の東西を問わず、警察官の倫理が疑われますね~
日本ではここまでも大規模なデモや暴動にはならないと思いますが、いつでも冷静に行動する方がいいと思いますね。
混乱時(戦争時)に乗じてちゃっかり利益を得る人もいますから。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界から戦争がなくなって戦場カメラマンで失業したら学校カメラマンに [日記・エッセイ・コラム]

 

渡部陽一さんのこんな動画を見つけたので

http://www.ocn.ne.jp/toku/tj/

 

 世界から戦争がなくなる・・・

これがたぶん、人類の究極的な課題なんだろう。

人類が生まれてから争いがなかった時期、場所の方が少なかったと思う。

渡部さんが学校カメラマンになって、世界中の学校にいる子どもたちの写真を撮れる日が来ますように。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悪を正す立場にある人が自らの悪事を恥じない、この逆転社会変わってほしい。 [日記・エッセイ・コラム]

 

〈群馬県警・裏金裁判〉 3月18日判決に向けて集会

http://www.janjanblog.com/archives/29618

 

ひと月くらい前のある美容院での世間話、

お客さんでね、車にぶつけられた人がいて・・・・

何でも、若い女性らしい人が勤めの帰りか何かに、雪道の交差点の横断歩道を渡っていて車にぶつけられたらしい。その時、運転していたやはり若めの男性、もう点数がぎりぎりで免許停止?取り上げになっちゃうんで警察に言わないでください、かなり強気にと頼みこまれたらしい。その女性もその時は外傷も大したことなかったらしくそのまま連絡先だけを教えてその場を離れた。しかし、次の日頭痛などの症状が出たので病院へ、検査などを行い2万円くらいかかった。その後、ぶつけられた車の運転手から電話がかかってきて、病院代2万円は払ってくれた。(う~ん、そこそこいいやつなのか?)

その女性、その後どういういきさつがあったかわからないが、警察に話したらしい。その警察官がいうことにゃ、「そういう人とは何があるかわからないから、かかわらない方がいいですよ」

えっ[がく~(落胆した顔)]

それって・・・・おかしくね・・

 

大したことにならずに良かったのかもしれないが、なんか常識が崩れていく感じに脱力・・

警察も頼りにならねーのは分かっているが、それでもそれを当たり前にしちゃうのはよくないだろう。

まあ、そのような事柄に立ち向かっていくには、多少、勇気と根性いるかもしれないけど・・・

 

 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

霧島・新燃岳 噴火 なんで大手新聞は記事ないの? [日記・エッセイ・コラム]

 

霧島連山の新燃岳(しんもえだけ)が噴火しているが、TVニュースではさすがにやっているけど、大手新聞は記事書いてないみたい。

と思っていたら、読売が書いてた。ちょいと反応遅い気がするけど・・それに通りいっぺん。記者が現地に行って、もしくは現地の記者が書いているんじゃないんだろう。(あのさ、日本人て地方で大変なことあってもそんなこと自分には全然カンケーネーって思う人の方が少ないと思うんだ。日本全国、火山・地震もあるし、困った時はお互い様っていうところあるんだよ。だから、ちゃんと丁寧に報道するべきだと思うよ)

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20110127-567-OYT1T01159.html

 

もしかしたら、大手新聞社というのも相当体力なくなっているのかも・・・

この頃、TVニュース見てて思うのだが、地方ニュースのアナウンサーのほうがまともなこと言っている。新聞も地方新聞の方がはるかに信用できる感じである。

 

新燃岳52年ぶり爆発 噴煙2500メートル超

26日から噴火を繰り返している霧島山の新燃岳(1421メートル)は27日午後3時41分ごろ爆発し、灰色の噴煙が上空約2500メートル超に達した。爆発は、1959年以来52年ぶり。鹿児島県は同日、災害警戒本部を設置した。
 地下のマグマ活動などを示す火山性微動は27日夜現在も続いており、鹿児島地方気象台は「溶岩を流出させるような大規模噴火につながる兆候はないが、今後、今回と同程度の爆発が再発する恐れがある」として警戒を呼び掛けている。
 国土交通省と気象庁は同日、航空調査を実施。同行した鹿児島大大学院理工学研究科の井村隆介准教授(地質学)によると、火口の北側を除く全方位の斜面に長さ約1.5キロにわたり焼けた痕跡があり、火砕流が発生した可能性がある。爆発前の段階では、火口形状に大きな変化はなかったという。
 同気象台の観測では、微動の振幅は27日午前中、噴煙が2000メートル上がった前日と比べいったん縮小。噴煙高度も27日未明1000メートル、午前9時400メートルと低くなったが、正午ごろから夕方にかけ再び上昇。午後3時41分の爆発では大きな空振や噴石を伴い、午後5時28分の噴火では噴煙が上空3000メートルまで達した。
 霧島市霧島田口の高千穂河原や都城市御池町では27日の調査で直径7~8センチの噴石の飛散を確認。夜には霧島市国分の市街地で灰が降った。
 噴火活動に伴い26日夜から出水市やさつま町、曽於市財部、宮崎市や日南市など、鹿児島、宮崎県各地で住家や家具が揺れる現象が起きた。空振や鳴動と呼ばれ、噴火による気圧変動や音の響きに関連して起こる。同現象は、九州各県や四国でも観測された。
 降灰の影響で、JRは日豊線(国分-田野)と日南線(志布志-青島)、吉都線(吉松-都城)で一時運転を見合わせた。道路は、県道104号(湯之野温泉-高千穂河原)、県道480号(霧島ハイツ入り口-高千穂河原)、宮崎自動車道(高原-田野)などで通行止めとなった。

http://373news.com/modules/pickup/topic.php?topicid=46

画像と動画あり

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌の除雪・排雪・あれこれ~、ふ~む [日記・エッセイ・コラム]

 

この頃、おだやか~な日々が続いて雪かきからも解放、でも今週末は再び雪かき発動のようです。

札幌の雪ですが、今年の雪は市の北側を中心に大量に降りました。(岩見沢や江別も)東区や北区などでは除雪、排雪が追い付かず道路に高い雪山ができる、道幅が狭くなる、歩行者は車道を歩かねばならない、トラック、バスがすれ違えない、ゴミ収集車、救急車がスタックする・、車線が狭いために夏場の2倍~3倍以上の時間がかかる等の状況が生じたようです。

私は今回、雪の少なかった南側に住んでいますので、そのような状況はTVやネットで知るだけでした。同じ札幌でも気象状況、降雪状況が違うということです。山と風向きの関係ですが。

夏場のゲリラ豪雨と似たところがあるのでしょうか?

こんな状況で苦情が1万3千件以上、上田市長は北区を視察に行き、記者会見では「我慢してほしい」みたいなことも口にしたようですが、補正予算を組むことも考えているようではあります。

日経、地方ニュース

2chなどでは除雪費用を減らしたとか言われていますが、減らしたわけでもないようです。

札幌市:除雪の苦情・要望1万3049件 /北海道

 札幌市は21日、今季の除雪に関する苦情・要望が1万3049件(20日現在)に達し、既に昨年度の最終件数(1万3813件)に迫る件数になっていると発表した。今後は、比較的雪が少ない南、豊平両区から豪雪の東、北両区へ排雪のトラックを優先的に移動させるなど柔軟に対応していくという。

 市によると、苦情は、土木、除雪両センターに計1万2883件、市民の声を聞く課と各区公聴係に計166件寄せられた。内容は、「予算を減らしたから排雪できないのではないか」など除雪費削減を問うものも多いが、市雪対策室事業課によると、除排雪予算額は約113億円で、前年度(約114億円)とほぼ同額という。【中川紗矢子】

http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20110122ddlk01040280000c.html

 

そんじゃ~なんで?となりますが、4月の市長選の対抗馬である本間奈々さんのブログにこんなくだりが・・・

また、札幌市が除雪を完全民間委託にしたのは平成11年度から。その時から比べて、今の民間事業者の重機・車両はほぼ半数、作業員数も半数近くになっているから、理屈として除雪体力が相当落ちていることは否めないだろう。除雪費用はほとんど変わっていないというが、公共事業がその時から比べて3分の1にまで落ちているので、夏の仕事も含めた通年で事業者の育成を考えなければ、除雪費用を一時的に増やしたからといってもどうにもなるものでもないだろう。

もともと民間委託にした時に、市役所の中における除雪のノウハウや知識がなくなっていくことが懸念されていたわけであるが、今回も市民からの批判の声が上がって、ようやく市長会見するなど、どうも後手後手の対応になっている印象がある。大雪が降るということに危機管理について庁内の体制を考えていかないといけないとも強く感じた。それこそ限られた人員、財源でどうしていくのか、もっとも優先度の高い懸案事項であると感じる。

http://nanahomma.blog16.jp/index.php/2011/01/27/-45

 

本間奈々さん、誰?って思うが自民党が擁立した市長選の候補である。ブログを読む限りでは官僚経験、行政経験、豊富で、2児の母、札幌市企画課長もやられたこともあり、手堅い方のようである。

さて記事内容についてだが、きっと日本全国おなじであると思うのだが、地方自治体の体力が落ちていると改めて感じることである。もちろん、公共事業で特定業者、業種ばかりが潤う構造も問題であるが、公共サービスもままならない状況にほぼ片足突っ込んでいるのではないだろうか?

確かに雪は春になれば溶けるが、救急車も、ゴミ収集車も(灯油配達業者やプロパン配達)まともに通れないとなれば、これはもう生活に支障をきたしてしまう。

昨年は雪が少なかったので心構えも備えもさらになかったのだろう。天人峡に向かう道の雨量計が壊れてそのままになっていたという事例もある。(どうも、誰が見ていなくてもきちんとやるタイプの人間と人に言われなければやらない、常に楽しようとするタイプの人間がいるようだな~)

北海道天人峡の道路崩落

 

今回、4月に選挙というのはいいタイミングだ。本間さんが視察に行ったりして動いてくれるので、上田さんも重い腰を上げざるを得ないだろう。

 

いろいろ調べている間にこんな記事も見つけました。

誰も知らない上田市長の妻の顔 (?) 札幌コリアン雪まつり

 


タグ: 札幌
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
The VOICE KOKIA VOICE.jpg
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。