So-net無料ブログ作成
検索選択

愛の反対は憎しみではなく、無関心  [ニュース]

 

日米市民、米紙に全面広告 県内移設に反対

【米ワシントン25日=与那嶺路代本紙特派員】

「自分の裏庭に30もの軍事基地がほしいですか」。

28日付の米ワシントン・ポスト紙に、普天間飛行場の撤去を訴える全面広告が掲載された。

同飛行場のフェンスから子どもがヘリを眺める写真を掲載し「沖縄に基地はいらないことを、オバマ政権に伝えよう」と呼び掛けている。

広告を出したのは連帯組織「ネットワークフォア沖縄(NO)」(ジョン・フェファー代表)。広告には日米の一般市民からの寄付約650万円が充てられた。
 広告は新基地建設に抗議する多くの人々が県民大会に参加したことや仲井真弘多知事をはじめ市町村長らが反対していることを紹介。新基地が「人々の健康や安全に被害をもたらし、ジュゴンなど希少動物の生態を脅かす」と指摘し、米政府に「ワシントンは東京に対し人々の声を無視するよう圧力を加えている。軍事基地に戦略的価値はない」と基地撤去を求める県民の声に耳を傾けるよう訴えている。

 NOは、米連邦議会あての署名も募っている。広告の詳細や署名はウェブサイトで確認できるhttp://closethebase.org/

 

WIKIより少しだけ・・・

1609年、(琉球暦万暦37年・和暦慶長14年)、薩摩藩島津氏は3000名の兵を率いて3月4日に薩摩を出発し、3月8日には当時琉球王国の領土だった奄美大島に進軍。3月26日には沖縄本島に上陸し、4月1日には首里城にまで進軍した。島津軍に対して、琉球軍は島津軍より多い4000名の兵士を集めて対抗したが敗れた。4月5日には尚寧王が和睦を申し入れて首里城は開城した。

これ以降、琉球王国は薩摩藩の付庸国となり、薩摩藩への貢納を義務付けられ、江戸上りで江戸幕府に使節を派遣した。その後、明を滅ぼしたにも朝貢を続け、薩摩藩と清への両属という体制をとりながらも、琉球王国は独立国家の体裁を保ち、独自の文化を維持した。また、琉球王国が支配していた奄美群島は、薩摩藩直轄地となり分離されたが、表面上は琉球王国の領土とされ、中国や朝鮮からの難破船などに対応するため、引き続き王府の役人が派遣されていた

(明治4年)、明治政府廃藩置県によって琉球王国の領土を鹿児島県の管轄としたが、1872年(明治5年)には琉球藩を設置し、琉球国王尚泰を琉球藩王に封じた。1879年(明治12年)の琉球処分により沖縄県が設置され[3]、沖縄県令として鍋島直彬が赴任するに至り、王統の支配は終わった。琉球の王族は、日本の華族とされた。

 

本土のほとんどの人間が沖縄の苦境に知らん顔してきた。それならば、意識しようとしまいと、日本帝国主義者の一員さ。

日本の学校のなかでこんなにいじめが蔓延するのは、大人の世界を鏡の如く反映している。ただ、それだけのこと。

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 

「日本が追従する時代は終焉」 米大手ネット新聞で論評 普天間移設問題 [政治]

 

 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-161466-storytopic-53.html

米大手インターネット新聞「ハフィントン・ポスト」は27日、米軍普天間飛行場をめぐり、県内移設反対を訴える県民大会に主催者発表で9万人が参加したことを踏まえ、オバマ政権へ地元の民意を踏まえるよう促す記事を掲載した。ネットワークフォア沖縄のジョン・フェファー代表が寄稿した。
 

 ハフィントン・ポストは、移設候補地である名護市辺野古への新基地建設は、ジュゴンなど生態系へ深刻な被害を及ぼすと指摘。

最も重要なことは、多くの米軍基地を抱える沖縄でこれほどの県民が大会に参加し、新基地建設反対という意思を明確に示したことだとしている。

 県民大会直前に米ワシントン・ポスト紙が掲載した「岡田克也外相が現行計画の修正を大筋で受け入れ」との記事は、大会の行方を注視する雰囲気の中で日米両国に悪影響を与えたとし、情報源の信憑(しんぴょう)性に疑問を呈している。

 オバマ政権が対北朝鮮外交では柔軟な姿勢で対応しているのに比べ、同盟国である日本への接し方には温度差があるとも指摘。日本が負担している在日米軍基地の維持費を見直そうとする鳩山政権は反米主義ではなく、国益重視ととらえるべきであり、「日本が初めて米国の政策に異を唱えた姿勢を評価するべきだ。日本が米国に追従する時代は終(しゅう)焉(えん)した」と説いている。
 

「ハフィントン」は著名人の意見を集める政治ブログとして2005年に創設。オバマ大統領やクリントン国務長官ほかジョン・ケリー上院議員、映画監督のマイケル・ムーア氏などの著名人が寄稿しており、米大手新聞社サイトを上回る人気と影響力を持つ。
 メディア分析調査大手の米ニールセンの利用動向調査では「新聞」カテゴリーに分類されており、今年3月の訪問者数は約1300万に達する。(平安名純代ロサンゼルス通信員)

 

ハフィントン・ポストとは・・WIKIより

アメリカ合衆国リベラル系インターネット新聞。様々なコラムニストが執筆する論説ブログおよび各種オンラインメディアからのニュース・アグリゲーター。政治、メディア、ビジネス、エンターテイメント、生活、スタイル、環境運動、世界のニュース、お笑いなど幅広くトピックをカバーしている。

 他

ハフィントン・ポストは、代替医療の支持者や、ワクチン反対論者による記事を掲載しているが、これが数人の科学者やニュースソースから批判を受けている

  • 2009年、タイム誌によるベストブログ25に選出[9]
  • 2006年及び、2007年に、ウェビー賞の「最も優れた政治ブログ賞」を受賞
  • ハフィントン・ポストの寄稿者であるBeneet Kellyは、ロサンゼルス報道クラブの2007年南カリフォルニアジャーナリズム賞を、オンラインコメント部門において受賞[10] for political commentary published on the site.[11]
  • オブザーバー誌による、「最も力のあるブログ50」に選出[12]
  • ハフィントン・ポストの創業者であるアリアナ・ハフィントンは、フォーブス誌による2009年度のメディア界においてもっとも影響力のある女性に選出された[13]
  • アリアナ・ハフィントンはガーディアン誌による「メディア界の100人」で42位にランクインした

ハフィントン・ポスト   http://www.huffingtonpost.com/

 

英語がすらすら読めれば読んでみたいですね。今の実力じゃ無理です・・(;一_一)


nice!(0)  トラックバック(0) 

沖縄から民主主義を問う [戦争]

 

沖縄に訊く ―米軍普天間基地をめぐって― 

http://www.magazine9.jp/okinawa/100428/

とても読みごたえのある良い記事でした。是非一読を

私が特に印象に残った箇所


今が踏みとどまる境目さー

那覇で沖縄そば店を営むBさん(62歳)

 沖縄の人間は、すぐ変わる。ずっとそう言われてきたさー。でも、今回だけは変わらんと思う。もう変われんさ。ここまで来た、もう引き返せん。みんなそう思ってる。

 ここでまた新しい基地を認めてしまったら、「ほーら、沖縄の人間はやっぱりダメだ。また金に転んだ」と言われるさー。何度も何度もそういわれ続けてきたけど、ここで踏みとどまれんようなら、これから何を言ってももう本土の人間には信用されん。そのいちばんの境目が今さー。本土の悪口や愚痴ばっかり言ってても、もうどうしようもない。
 今だとおもうさ、僕は。


 ちょっとはにかむような口調でBさんはそう言った。多分、私のような本土の人間に胸の内を語ったのは初めてだったのだろう。照れくさそうだったが、意志が見えた。沖縄そばを食べながら、私は何度も頷いていた。

 

野中広務元官房長官の基調講演の後、大田元知事、稲嶺恵一前沖縄県知事が加わってのパネルディスカッション。

 野中さんは「普天間基地の辺野古移設は日本政府と米政府の合意、国家と国家の約束は重いものだ。環境や住民への配慮を充分に尽くした上で、現行案(辺野古への新基地建設案)を速やかに遂行すべき」と述べた。

 これに対し、大田さんは「国家があって国民があるのではない。国民があってこその国家ではないか。国民に犠牲を強いるような国家であってはならない」と猛反論。あの温厚な大田さんが、机を叩かんばかりの勢いで訴えた。今回の県民大会が「基地なき沖縄を展望する最後の機会」と見定めているという大田さんの気持ちが強く伝わってきた。

読谷村は不思議なところだ。なにしろ、米軍基地を返還させてその跡地に村役場を作ったという経緯がある。その事情は役場前の碑に詳しく刻まれているし、さらに感動するのは、「日本国憲法第9条」を刻み込んだ石碑が、役場玄関先に建てられていることだ。

 憲法9条を行政の拠り所にしている。憲法を大事にする。よく考えればそれは当然のことなのだが、いまや「憲法を守れ」といっただけで「政治的に偏向している」などと非難されるような風潮さえある。そんな中で、玄関先に憲法9条の碑を掲げる。その心意気や良し。

 この地で「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と、県内移設に反対し国外・県外移設を求める県民大会」が開かれるということは、まことに理にかなったことなのかもしれない。

 

 しかし一方、不愉快な情報もある。直前まで、平野官房長官が仲井真知事に対して「大会に参加しないように」と圧力をかけていたというのだ。これが事実とすれば、本当に許しがたい。地方自治の原則を踏みにじる行為といわざるを得ない。まさに更迭に価する。

「県民大会の成功に酔って、それで終わりにしてはいけないのです。沖縄県民は、確かにもう米軍基地を受け入れないという意志表示をしました。それを、沖縄県民だけではなく全日本国民の意志表示にするべきだと思うのです。日本国民がこぞって、もう日本にこれ以上の基地は要らないと、国民大会で意志表示すること。そうなって初めて、沖縄の米軍基地問題は解決に向かうはずです。いつまでも、個別沖縄の問題に押し込められている限り、それは一地方の問題として放置されてしまうでしょう。他人の痛みを自分でも感じられる想像力。それなくして沖縄の米軍基地問題の本当の解決は来ないと思います」

 


nice!(0)  トラックバック(0) 

GW桜お預け、札幌の開花は早くて5日、遅くて9日 [日記・エッセイ・コラム]

 

この春は寒いです。少し暖かい日もあったのですが、ちょっと油断していると風邪をひきそうになります。首を出した服装からタートルネックに戻っています。

でも、少しうれしいような気もしてきました。うちはお花見の名所、円山公園の割合近くです。北海道神宮もお隣なのですが、私がこの周辺を避けるのは、初詣の頃とゴールデンウイークです。

 例年より遅れ気味に日本列島を北上している今年の桜前線。札幌のソメイヨシノの開花は、日本気象協会(東京)などの開花予想では早くて5日、遅いと9日となっている。今のところ、満開はゴールデンウイークが過ぎてからの公算が大きく、例年バーベキューでにぎわう市内の桜名所は静かな連休になりそうだ。   北海道新聞

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/228354.html

 例年、花見のこの頃からカラスが少々凶暴になるのです。バーベキューで肉や他食べ物を貰えるからでしょう。以降の季節は、お弁当を広げる子どもの傍でねらっていたりします。

時々来て、食べ物をあげる人はいいかもしれませんが、日常この公園を利用したり、通ったりする人は私を含め、あまり好い気もちはしていないかもしれません。

そしてバーベキューの時に大音響で騒ぐ人たちもいます。この一時だけだから我慢はできますが、ゴールデンウィークは早く過ぎ去って欲しいと願ってしまうのです。

でも、今年は―静か―そうです。ゴールデンウィークが過ぎてから静かに桜を楽しめるかもしれません。

 

こちらは屋内のことですが、宴会について面白い記事を見つけました。

宴会比較文化論~日本の宴会風景と2000年前の中国

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0106&f=column_0106_001.shtml

人間って本質の部分は時間がたってもあまり変わらないってことですかね。

それにしても、こういう事実は隅っこの方に押しやられて、作られた見栄っ張りで厚ぼったい化粧をした歴史の方が独り歩きしているのは、やはり支配者階級の都合なんでしょうね~

 

 


タグ:宴会 桜
nice!(1)  トラックバック(0) 

来年度、国家公務員の採用半減 これは歓迎すべきか否か・・? [政治]

 

鳩山由紀夫首相は27日の閣僚懇談会で、2011年度の一般国家公務員の新規採用数を09年度実績(9112人)比で半減させる方針を指示した。あっせんを伴う天下りの禁止で退職者数が減ることを受けた人件費抑制策で、主に地方の出先機関の採用絞り込みで対応する。

 鳩山政権は天下り根絶に加え、国家公務員の総人件費2割削減や、国土交通省の地方整備局など出先機関の原則廃止も掲げており、「過去に例がない大規模な採用抑制」(総務省)に踏み切る考え。しかし、新規採用抑制が続けば、いびつな年齢構成による組織全体の士気低下も懸念され、各省との調整には難航も予想される。

 削減方針は、航空管制官などを除いた地方出先機関の採用を09年度の2割以内に圧縮することで、半減の目標達成を目指すとしている。

(共同)
これは、もしかすると若者の就職がますます大変になるということだよね。
そしてその分の仕事を非正規雇用とか派遣に頼むということもありなのかな・・・
自分が思うの給料も仕事量ももう少し上手に分けられないか・・?ということ。
年齢が上がれば経験があるからそれだけ責任量と仕事量があり、給料も上がるというのは分かるけれども、果たしてそれが適正な範囲に治まっているのかと思う。
公務員だけでなく、この世の中全てについてもう少しいろいろな物を平等に分けられないか・・ということ。
こんなことを言うと共産主義的なことを思い浮かべてしまうかもしれないが、お上からの押し付けの平等ではなく自主的にそうできないのかと思う。
それから自分は重要な仕事をたくさんしているからたくさんもらって当たり前と思う人もいると思うけれど、その仕事が重要かどうかは価値観によって違って来ると思うんだよね。
企業とかお役所での判断か決断だけが重要なのかとは思えないのさ。
私には・・・・
そのお偉いさんがトイレに入った時、汚れていたら不愉快になるよね。
飾っている花がしおれているとか、資料とかが的確でなかったら大変困るわけで・・・
また、飛行機や新幹線がきっちり運行していなかったら会議とかに間に合わないわけで・・
飛行機や新幹線の部品作る人から整備する人から清掃する人、運転する人それはたくさんの人が関わっているわけで・・・
もちろん、特定の仕事についていない人でも家庭や地域や何らかの役割があって、
病気その他なんらかの理由で社会で行動があまりできない人でも存在すること、笑ったり、泣いたりして生きていることそのことににとても意義があるわけで、
話が取りとめなくなってきたけど。
つまり、大勢の力と存在でこの世の中は成り立っていて、その場その場できっちり生きているひとがいるわけだから、特定の誰かが凄い意味のある人で、誰かが役に立っていないなんてことないと思うんだよね。
だから、生活するのに十分すぎるほどの財力や収入をもっている人は少しそれを周囲に分けてあげたらいいと思うんだけど・・
それができたら地球は今と全然違う環境になっていただろうね。

nice!(0)  トラックバック(0) 
The VOICE KOKIA VOICE.jpg
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。