So-net無料ブログ作成
検索選択

台風・地震・ロシア なんだかざわざわしてますね。 [日記・エッセイ・コラム]

ロシア軍機:日本周辺を一周 自衛隊機がスクランブル発進

防衛省は8日、ロシア軍の爆撃機2機が長崎県対馬海峡から太平洋や北方領土周辺を経て日本周辺空域を周回、領空侵犯の恐れがあるとして航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたと発表した。ロシア軍機が日本周辺を一周する形で飛んだのが明らかになったのは初めて。領空侵犯はなかった。

 また、中国軍のY8情報収集機1機も同日昼ごろ、東シナ海を南下し、日中中間線を越えて沖縄県・尖閣諸島の北100~150キロまで接近。領空侵犯はなかったが、空自戦闘機がスクランブル対応した。

 防衛省によると、ロシアのTU95爆撃機2機が、8日午前6時ごろから約14時間かけて日本周辺を飛行。8日から10日にロシア軍が訓練空域に設定した北海道稚内市沖から釧路市沖の空域では、別の2機と合流して空中給油も行った。計4機はこの後、ロシア側に戻った。

 国土交通省によると、ロシアはこの空域の高度4800~7500メートルを訓練空域として国際民間航空機関(ICAO)に通知していた。

http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110909k0000e040034000c.html

ロシア 極東海域で演習 爆撃機周回 空自が緊急発進

(09/09 10:04)

 【モスクワ西田浩雅】ロシアが北海道北東の日本領空に近接するオホーツク海上空に「飛行危険区域」を設定した問題で、複数のロシア軍関係者は8日、極東海域での大規模な演習が2日から始まり、ロシア太平洋艦隊の艦船がカムチャツカ海域に向かっていると述べた。飛行危険区域はこれに合わせて設定されたとみられる。

 ロシア国防省によると、演習はオホーツク海、日本海、カムチャツカ半島東側で今月中旬まで行われる。軍と国境警備隊などから85隻以上の艦船、50機以上の航空機・ヘリコプター、1万人以上の人員が参加。太平洋艦隊旗艦のミサイル巡洋艦「ワリャク」のミサイル発射も予定される。

 防衛省統合幕僚監部によると、ロシアの2機の爆撃機ツポレフTU95が8日、日本周辺空域を1周した。領空侵犯はなかったが、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。爆撃機2機はオホーツク海上空の飛行危険区域内で、空中給油機2機から給油を受けた。今回の演習の一環かどうかは不明。

 ロシア東部軍管区のムギノフ報道官は北海道新聞に「飛行危険区域は通常、ミサイルなどの発射に伴い設定される。ただ今回、実質的な演習はカムチャツカで行われる」と述べた。太平洋艦隊のマルトフ報道官は「艦船は北海道沖を通るかもしれないが、周辺での発砲やミサイル発射の計画はない」と述べた。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/317272.html

これと関係あるのかどうかわかりませんが、昨夜はヘリの飛ぶ音がしてましたね、多分自衛隊のヘリだと思います。

なんだか騒がしいです・・


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
The VOICE KOKIA VOICE.jpg
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。